九州の交通機関 影響まとめ 午前6時現在

九州の交通機関 影響まとめ 午前6時現在
記録的な大雨で、九州の交通機関に影響が出ています。

鉄道

JR九州によりますと、九州新幹線は、熊本と鹿児島中央の間で5日は、始発から本数を減らして運転し、博多と熊本の間は通常どおり運転しています。

JRの在来線では、
▽肥薩線の八代と吉松の間の上下線で終日運転を見合わせていて、
▽日豊本線の西都城と国分の間、
▽肥薩線の吉松と隼人の間、
▽吉都線の吉松と都城の間、
▽日南線の南郷と志布志の間、
▽指宿枕崎線の五位野と枕崎の間のいずれも上下線で始発から正午まで運転見合わせとなっています。

また、肥薩おれんじ鉄道は、八代と出水の間の上下線で始発から終日運転を見合わせています。