東日本の太平洋側 あすにかけ激しい雨のおそれ 土砂災害に警戒

東日本の太平洋側 あすにかけ激しい雨のおそれ 土砂災害に警戒
k10012490461_202007011059_202007011059.mp4
前線と低気圧の影響で東日本の太平洋側では2日にかけて激しい雨が降り、1日昼前にかけては局地的に非常に激しく降るおそれがあります。東海や関東甲信を中心にこれまでの雨で地盤が緩んでいるところがあり、土砂災害に警戒が必要です。
気象庁によりますと、日本海にある低気圧と前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んで東日本を中心に大気の状態が不安定になり、東海で強い雨が降っています。

愛知県や静岡県ではこの24時間に降った雨の量が多いところで300ミリ前後に達しているほか長野県でも200ミリを超え地盤が緩んでいるところがあります。

大気の不安定な状態が続くため、東海や関東甲信では2日昼前にかけて雷を伴った激しい雨が降り、1日昼前にかけては局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

2日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、東海で200ミリ、伊豆諸島で150ミリ、関東甲信で120ミリ、東北で70ミリと予想されています。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに、落雷、竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。