巨人移籍のウィーラー 入団会見で意欲示す

巨人移籍のウィーラー 入団会見で意欲示す
プロ野球・楽天からトレードで巨人へ移籍したウィーラー選手が、30日夜、東京ドームで入団会見を行い、「最善を尽くして優勝に貢献したい」と新天地での活躍に意欲を示しました。
ウィーラー選手は楽天での5シーズンで通算106本のホームランをマークしたパワーが持ち味で、4年目の池田駿投手とのトレードで巨人に移籍しました。

ウィーラー選手は30日夜、東京ドームで行われたDeNA戦に7番・レフトで先発し5回の第2打席で移籍後初ヒットを打ちました。

試合後には原辰徳監督とともに入団会見を行い、「巨人は歴史のある球団でアメリカで言えば、ヤンキースのようなチームだと思っている。最善を尽くして優勝に貢献したい」と新天地での活躍に意欲を示しました。

原監督は「日本の野球を理解してリスペクトしてくれている。東京ドームがとても好きだということだし、非常に強い選手が味方になってくれたと思う」と期待を寄せていました。

ウィーラー選手は楽天時代、人気アニメ「ハクション大魔王」のキャラクターによく似た愛くるしい風貌と明るい性格でファンに愛されていたことから、会見後の記念撮影では、アニメのグッズを手にして会場を盛り上げていました。