ロッテの連勝が「8」でストップ プロ野球結果まとめ

ロッテの連勝が「8」でストップ プロ野球結果まとめ
プロ野球は1試合が雨で中止となり、5試合がナイトゲームで行われました。

セ・リーグ

▼巨人対DeNAは巨人が5対2で勝ちました。
巨人は1点を追う6回、岡本選手とパーラ選手のタイムリーで2点をあげて逆転し、8回には丸選手の1号ソロと岡本選手の5号ソロで追加点をあげました。
先発の戸郷投手は7回途中を2失点に抑え、2勝目をあげました。
DeNAは先発した※ハマ口投手が勝ち投手の権利を持って6回途中でマウンドを降りましたが、リリーフ陣がふんばれませんでした。
※濱のつくりのウ冠の下が眉の目なし。

▼中日対阪神は中日が5対0で勝ちました。
中日は6回、阿部選手のタイムリーで先制し、7回にはアルモンテ選手の1号満塁ホームランで4点を奪いました。
先発の柳投手は7回をヒット3本、無失点の好投で今シーズン初勝利です。
阪神は先発した青柳投手が6回1失点と試合を作りましたが、打線の援護がありませんでした。

▼ヤクルト対広島は雨のため中止となりました。

パ・リーグ

▼楽天対ロッテは楽天が15対4で勝ちました。
楽天は2点を追う2回、島内選手のタイムリーや鈴木大地選手の1号スリーランなどで一挙7点をあげて逆転しました。
4回には浅村選手の4号ツーランなどで3点、さらに6回にも5点を加えました。
先発の弓削投手が6回3失点で2勝目をあげました。
ロッテは先発の二木投手が2回途中6失点と崩れ、チームの連勝は8で止まりました。

▼西武対オリックスは西武が3対2で勝ちました。
西武は4回、栗山選手の2点タイムリーで先制し、6回には外崎選手の内野ゴロの間に1点を加えました。
先発の高橋光成投手は7回途中を2失点で2勝目をあげました。
西武は4連勝です。
オリックスはロドリゲス選手の来日初ホームランとなるツーランで追い上げましたが及ばず、7連敗となりました。

▼日本ハム対ソフトバンクは延長10回、規定により1対1で引き分けました。
ソフトバンクは3回、今宮選手の犠牲フライで先制しましたが、4回以降はヒットが出ませんでした。
日本ハムは4回に近藤選手のタイムリーで追いつきましたが、6回と8回のワンアウト二塁のチャンスを生かせませんでした。