大雨 避難する際の注意点

大雨 避難する際の注意点
大雨で避難する際に注意するポイントです。

時間に余裕ある時

<早めの避難 避難先考える>
▽大雨が予想される地域では、早めの避難を心がけてください。そして状況が悪化する前の今のうちから避難先を考えてください。

▽水害から命を守るには安全な避難所に避難するのが一番ですが、避難所などで人が密集してしまうと新型コロナウイルスに感染する心配もあります。

<分散避難>
▽避難する場所を分散させるため、安全な場所に住んでいる親戚や知人など頼れる人がいればそこに避難することも考えてください。▽川の近くや低い土地、斜面といった危険な場所にないマンションなど頑丈な建物で、高い階に住んでいる人は、自宅にとどまって避難生活する「在宅避難」も考えてください。

<事前にリスク確認を>
▽避難先を考えるうえで重要なのは、自宅の周辺や行動する範囲の災害リスクを確認することです。
▽ハザードマップなどを使って川の氾濫や浸水、土砂災害の危険性を把握し、危険な場所であれば早めの避難を心がけてください。
▽ただ、中小の河川や低い土地などハザードマップにリスクが示されていない場合もあります。
▽高齢者など避難に支援が必要な方、リスクがよく分からないなど不安がある方は、ためらわず避難所や避難場所へ移動してください。

切迫時

<ためらわず避難・垂直避難>
▽大雨が降っている地域で、山の斜面や川の近く、低い土地にいる場合は、ためらわず安全な避難所や避難場所に移動してください。▽すでに川が増水や氾濫、浸水が始まってからの避難はかえって危険です。状況が悪化している場合は建物の2階以上に移動してください。
▽土砂災害から身を守るために斜面の反対側の高い階の部屋に移動することも有効です。

<余裕あれば分散避難を>
▽時間に余裕があれば、避難する場所を分散させるため、安全な場所に住んでいる親戚や知人の家、ホテルなど宿泊施設などに避難することも考えてください。
▽川の近くや低い土地、斜面といった危険な場所にないマンションなど頑丈な建物で、高い階に住んでいる人は、自宅にとどまって避難生活する「在宅避難」も考えてください。

<ためらわず避難を>。
▽ただ、避難先の選択肢が無い、余裕が無いなど不安があれば、ためらわず避難所や避難場所へ移動してください。

避難所では

<避難所入る前 持参する物>
▽マスクを着用し、消毒液や体温計があれば持参してください。マスクが無ければタオルなどを利用し、せきなどをする際には口を覆うようにしてください。

<避難所入る前 体調確認>
▽まず、避難所に入る前に自分の体調や体温を確認してください。体調に不安がある場合は避難所の運営者に申し出てください。
▽避難所の運営者は、体調に不安がある方を専用のスペースに移動してもらうことも検討してください。例えば体育館が避難所の場合、空いている学校の教室に移動させるのも有効です。

<避難所では 3密避ける>
▽「密閉・密集・密接」の3つの密をできるかぎり避け、「換気」を心がけて下さい。
▽ほかの人との距離は、飛まつが届かない2メートルほど空けるといいとされています。現実的には厳しいかも知れませんが、可能なかぎり距離を取るようにしてください。
▽特にお年寄りや基礎疾患にある方、妊娠中の方などは距離を取って過ごすようにしてください。
▽段ボールなどで仕切りを作っても飛まつを防ぐ効果があります。

<避難所では手洗い消毒の徹底>
▽手洗いや消毒を徹底するようにしてください。多くの人が接触するトイレなどの共用部分で、ドアノブなどに触れた際には、特に重要です。