アマゾンの社員逮捕 自分宛の商品と盗品を一緒にこん包か

アマゾンの社員逮捕 自分宛の商品と盗品を一緒にこん包か
ネット通販大手「アマゾン」の社員の男が倉庫からパソコンの部品を盗んだとして逮捕されました。みずからネットで注文した別の商品と盗んだ部品を倉庫で一緒にこん包していたということです。
逮捕されたのは「アマゾン」の社員で、東京 品川区の池野翔容疑者(27)で、警察によりますと、ことし3月川崎市内の倉庫で、パソコンのCPU2個、合わせて10万8000円相当を盗んだ疑いが持たれています。

これまでの調べで、池野容疑者は注文された商品を倉庫でこん包する作業を担当していて、みずからネットで人気がない別の商品を注文したうえで、在庫のCPUを盗んで一緒にこん包していました。そして、発送の担当者に渡し、自宅に発送させていたということです。

会社の内部調査で不正に関わったことを認めたということで、警察の調べに対し「盗んだCPUは売った。これまでに40回から50回ほど盗んだ」などと供述しているということです。

この倉庫では去年5月ごろから合わせて1000万円相当の商品がなくなっているということで、警察が関連を調べています。