「あおり運転」罰則強化 高速道路で安全運転呼びかけ 愛知

「あおり運転」罰則強化 高速道路で安全運転呼びかけ 愛知
社会問題になっている「あおり運転」の罰則を強化する改正道路交通法が30日、施行されました。愛知県内の高速道路では、警察がドライバーに法改正を知らせるとともに、安全運転を呼びかけました。
愛知県刈谷市の伊勢湾岸自動車道の「刈谷パーキングエリア」では、30日、警察官が「あおり運転は犯罪。免許取消」などと書いたチラシを配って、ドライバーに法改正を知らせるとともに、安全運転を呼びかけました。

改正道路交通法では、これまで法的に定義されていなかったあおり運転を「妨害運転」と規定し、幅寄せや急ブレーキ、執ようなクラクションなどで危険を生じさせると取締りの対象になります。

罰則は最高で5年以下の懲役、または100万円以下の罰金で、1度の違反で免許取り消しの対象になり、一定期間、再取得できません。

チラシを受け取った20代のドライバーは「あおり運転をした人を重く処罰してほしい。自分も早めにウインカーを出すなど、トラブルにならないよう運転に気をつけたい」と話していました。

愛知県警高速道路交通警察隊の橋本浩二隊長は「あおり運転の危険性や妨害運転罪の内容を理解してもらい、思いやりと譲り合いの気持ちで安全運転をお願いしたい」と話していました。