南ア 経済活動の段階的再開で感染加速に懸念 新型コロナ

南ア 経済活動の段階的再開で感染加速に懸念 新型コロナ
k10012488611_202006300643_202006300720.mp4
新型コロナウイルスの感染者がアフリカで最も多い南アフリカでは、貧困層の困窮が深まる中、経済活動の再開を進めていて、飲食店の店内での営業も認められましたが、人々の移動が増えるにつれて感染のペースが加速することが懸念されています。
南アフリカでは感染者の数が13万8000人を超え、最近は一日に確認される新たな感染者が6000人以上に上る状況が続いています。

政府はことし3月下旬から、国境を事実上閉鎖したうえで外出制限を続けていますが、国民の半数近くを占める貧困層の困窮が深まる中、経済活動を段階的に再開し、29日からは新たに、レストランの店内での飲食のほかカジノや映画館も人数制限を行うなど条件付きで営業が認められました。
こうした中、庶民の生活に欠かせない乗り合いバスの団体は、感染対策のために乗車率が制限されていることが経営を圧迫しているとして、29日から一斉に制限を無視して定員いっぱいまで客を乗せる対応に出ました。
南アフリカでは7月以降に感染のピークが来ると予測されていますが、人々の移動が増えるにつれて感染のペースが加速することが懸念されています。