“五輪・パラに表現の自由を”人種差別抗議で追放の元五輪選手

“五輪・パラに表現の自由を”人種差別抗議で追放の元五輪選手
1968年のメキシコオリンピックで、人種差別に抗議して大会から追放された当時のメダリストなどが会場でのデモや宣伝活動を禁じたオリンピック憲章の条項の撤廃を求める書簡をIOC=国際オリンピック委員会などに送りました。
27日、書簡を送ったのはメキシコオリンピック陸上男子200メートルで銅メダルを獲得したアメリカのジョン・カーロスさんと、アメリカオリンピック・パラリンピック委員会です。

IOCとIPC=国際パラリンピック委員会に宛てた書簡では「選手はもう黙ってはいない。表現の自由は国連に認められた基本的人権だ」として、競技会場などでデモや政治、宗教、人種に関する宣伝活動を禁じたオリンピック憲章第50条の撤廃を求めています。

現在75歳のカーロスさんは1968年のメキシコ大会で、金メダルを獲得したトミー・スミスさんとともに、アメリカでの人種差別に抗議するため表彰台で黒い手袋をはめて拳を突き上げ、大会を追放されました。

5月、アメリカで黒人の男性が白人の警察官に押さえつけられて死亡した事件をきっかけに、世界各地で人種差別への抗議活動が広がる中、スポーツ選手も競技会場などでひざをついたり拳を突き上げたりして抗議の意思を示す場面が多く見られます。

この問題についてIOCのバッハ会長は、IOCのアスリート委員会と選手たちとの対話の行方を見守るという考えを示していて、来年に予定されている東京大会に向けた対応が注目されます。