西~東日本で大雨のおそれ 土砂災害などに警戒を 気象庁

西~東日本で大雨のおそれ 土砂災害などに警戒を 気象庁
k10012488131_202006291814_202006291816.mp4
前線と低気圧の影響で、これから1日にかけて西日本と東日本の広い範囲で雷を伴った激しい雨が降り、局地的には非常に激しい雨が降って大雨となるおそれがあります。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに警戒するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、前線が九州を通って日本の南へ延び、前線上の低気圧が1日にかけて日本海へ進む見込みです。

前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、西日本と東日本の広い範囲で大気の状態が不安定になり、九州ではこれから30日にかけて、このほかの西日本では30日、東日本では30日から1日にかけて雷を伴って激しい雨が降る見込みです。

特に九州や四国では30日昼ごろにかけて、東海では30日夜から1日にかけて、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降って大雨になるおそれがあります。

30日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、四国で300ミリ、九州で200ミリ、近畿で150ミリ、東海と中国地方で120ミリ、関東甲信で100ミリと予想され、その後、1日夕方までの24時間に東海で200ミリから300ミリ、近畿で100ミリから200ミリ、関東甲信で100ミリから150ミリの雨が降ると予想されています。

気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意するよう呼びかけています。

西日本では30日朝にかけての暗い時間帯に、雨が激しくなるおそれがあります。

今後の気象情報や自治体が発表する避難の情報に注意してください。