コスモ ハイオクガソリンで事実と異なる性能記載

コスモ ハイオクガソリンで事実と異なる性能記載
石油元売り大手、コスモエネルギーホールディングスの子会社が、販売しているハイオクガソリンについて、エンジン内部の汚れを取るなどと、事実と異なる性能をホームページ上に記載していたことが分かりました。会社は不適切だったとして内容を修正しました。
コスモエネルギーホールディングスによりますと、子会社が販売しているハイオクガソリン「スーパーマグナム」の性能について、ホームページ上で事実と異なる説明をしていました。

「エンジン内部の汚れを取り除く」とか「洗浄力が高い」などと記載していましたが、実際には汚れを付きにくくする効果があるとされる、添加剤は使われていたものの、汚れを取り除く効果があるものは入っていなかったということです。

事実と異なる記載は少なくとも10年ほど前から続いていたとみられ、会社は不適切だったとして、ことし4月1日に記載内容を修正しました。

コスモエネルギーホールディングスは「ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありません。いつからどういう経緯で誤った記載になったのか、事実関係の確認に努めたい」としています。