“不審メールは絶対開かないで” ネットバンキングで被害急増

“不審メールは絶対開かないで” ネットバンキングで被害急増
k10012487261_202006290526_202006290529.mp4
インターネットバンキングのIDやパスワードが盗み取られて預金を不正に引き出される被害が昨年度、急激に増えました。金融庁は心当たりのない不審なメールが届いた場合は絶対に開かないよう注意を呼びかけています。
金融庁が全国の金融機関を対象に実態調査を行ったところ、インターネットバンキングの利用者が、預金などを不正に引き出された被害は昨年度、1863件に上り、前の年度の4.7倍に急増しました。

ショートメッセージやメールを送りつけ、利用者が指示にしたがって操作すると偽の金融機関のインターネットサイトに誘導し、IDやパスワードを盗み取る手口が多発しています。

金融庁は、去年の秋以降、被害が急激に増えていることから、心当たりのないショートメッセージやメールは絶対に開かず、不審に思ったら金融機関に問い合わせるよう呼びかけています。

一方、キャッシュカードが奪われ預金が不正に引き出される被害も年々増加し、昨年度は1万4678件に上りました。警察官や金融庁の職員などを名乗って高齢者からカードをだまし取る手口が急増しています。

金融庁は警察官や金融庁の職員がカードを預かったり、暗証番号を聞いたりすることは絶対にないとして注意を呼びかけています。