競馬 無敗で2冠達成コントレイル 第二の故郷に凱旋 鳥取

競馬 無敗で2冠達成コントレイル 第二の故郷に凱旋 鳥取
競馬の皐月賞と日本ダービーで優勝し、無敗での2冠を達成したコントレイルが、育成期を過ごした鳥取県のトレーニング施設に凱旋(がいせん)しました。
去年死んだ名馬ディープインパクトを父に持つコントレイルは、4月の皐月賞に続き先月末の日本ダービーでも優勝し、史上7頭目となる無敗での2冠を達成しました。

コントレイルは6日午後、滋賀県栗東市にある調教施設から、育成期を過ごし第二の故郷にもなっている鳥取県伯耆町のトレーニング施設「大山ヒルズ」に凱旋しました。

車両から降ろされたコントレイルは、長旅の疲れも見せず元気な様子で、きゅう舎に入っていきました。

大山ヒルズの齋藤慎ゼネラルマネージャーは「元気よく、けがもなく帰ってきて、本当に『ご苦労さま、お疲れさま』と言うしかない。まだまだ3歳でダービーが終わっただけなので、お父さんのあとを追って、たくさん勝ってほしい」と話していました。

コントレイルは9月上旬までこの施設で過ごしたあと、滋賀県の施設に戻ってさらに調教を重ね、10月25日の菊花賞を目指すことになっています。