第2次補正予算案 予備費の使途示し審議入り 来週中に成立へ

第2次補正予算案 予備費の使途示し審議入り 来週中に成立へ
k10012460531_202006060510_202006060512.mp4
新型コロナウイルス対策の第2次補正予算案は週明け、国会で政府が10兆円の予備費のうち、5兆円程度について使途を示して審議に入り、来週中に成立する見通しです。
今年度の第2次補正予算案をめぐって、5日、自民党と立憲民主党は10兆円の予備費のうち5兆円程度について、政府が使途を示すことを確認しました。

政府は8日の衆参両院の本会議で財政演説を行い、予備費の使途について雇用調整助成金など雇用維持や生活支援に1兆円程度、持続化給付金など事業継続に2兆円程度、地方向けの交付金など医療提供体制の強化に2兆円程度を充てると説明する方針です。

残る5兆円は新型コロナウイルス対策が長期戦となるなか、万全を期すために確保するとしたうえで、予備費の使用は適時適切に国会に報告するとしています。

これを受けて各党の代表質問が行われ、第2次補正予算案は審議に入り、翌9日と10日には衆議院予算委員会で、安倍総理大臣とすべての閣僚が出席して質疑が行われ、採決されることになっています。

そして参議院でも審議が行われ、来週中に成立する見通しで、具体的な審議日程は与野党の間で調整する予定です。

一方、会期末を今月17日に控えて審議時間が確保できないことなどから、来年の東京オリンピックの開会式などにあわせて祝日を移動させる法案は成立が困難な情勢です。