「Go Toキャンペーン」運営事務の委託先決める公募手続き中止

「Go Toキャンペーン」運営事務の委託先決める公募手続き中止
新型コロナウイルスの感染拡大が収束したあと、消費を喚起する事業「Go Toキャンペーン」について、政府は運営事務の委託先を決める公募の手続きをいったん中止しました。観光や飲食などの分野ごとに改めて公募を行うとしています。
政府は感染拡大が収束したあとの半年間、「Go Toキャンペーン」と称した事業費が1兆6794億円の消費喚起策を実施する方針で、第三者の有識者で作る委員会の審査を経て、委託先を決定する予定でした。

しかし、事務の委託費が最大で3095億円に上ることについて、野党などから高すぎるなどという批判が出ていました。

こうした中、事業者の公募を先月26日から始め、週明けの今月8日を締め切りとしていましたが、政府は公募の手続きを見直し、いったん中止することになりました。

その理由について、経済産業省は「観光、飲食、イベントと、全く性質の異なる事業を1つの事務局で実施することは費用や執行の構造が複雑になる課題があったためだ」としています。

そのうえで、新たに「観光」「飲食」「イベント」などのキャンペーンの対象となる分野ごとに担当する省庁が個別に委託先を公募するとしています。

政府は、これまで来月下旬から段階的にキャンペーンを開始したいとしてきましたが、公募が仕切り直しになったことで事業の開始が遅れる可能性もあります。