米 南北戦争の南軍司令官の銅像撤去へ デモ受け州知事が表明

米 南北戦争の南軍司令官の銅像撤去へ デモ受け州知事が表明
k10012458901_202006050908_202006050909.mp4
アメリカで黒人差別に抗議する大規模なデモが続いているのを受けて、南部バージニア州の知事は、南北戦争で南軍を率いた将軍の銅像を「差別の象徴だ」として撤去することを明らかにしました。
バージニア州のノーサム知事は、4日記者会見し、州都リッチモンドに設置されている、南北戦争の南軍の司令官だったリー将軍の銅像を近く撤去することを明らかにしました。

その理由について、ノーサム知事は、黒人男性が白人警官に押さえつけられて死亡した事件に抗議する大規模なデモが続いていることに言及し、「今こそ、分断の象徴を取り除き、差別の苦痛から癒やされる時だ」と述べ、奴隷制の存続を主張した南軍を率いた将軍の銅像は差別の象徴であるとの考えを示しました。

アメリカでは、南部を中心に南北戦争の南軍に関する銅像やモニュメントが設置されていますが、近年、黒人団体から撤去を求める動きが出ています。

3年前にはバージニア州のシャーロッツビルにあるリー将軍の銅像の撤去計画をめぐって反対する白人至上主義などのグループとそれに抗議するグループが衝突し、死傷者も出て大きな問題となりました。

今回の民主党のノーサム知事の決断に対し、共和党の一部からは「アメリカの歴史を示す建造物の撤去は行き過ぎだ」と反発の声が出ているほか、撤去に反対する署名活動もすでに始まっていて、地元のメディアは、さらなる分断を招くおそれもあるとの見方を伝えています。