トランプ大統領 ロシアをG7招待 プーチン大統領に伝える

トランプ大統領 ロシアをG7招待 プーチン大統領に伝える
k10012454501_202006021007_202006021007.mp4
アメリカのトランプ大統領はロシアのプーチン大統領と電話で会談し、G7サミット=主要7か国首脳会議にロシアなども招待したいとするみずからの考えを正式に伝えました。ロシアとしては、首脳会議での決定にどこまで関与できるのかなどを見極めたうえで、参加するかどうかを決めるとみられます。
G7サミットの議長国であるアメリカのトランプ大統領は先月30日、サミットの開催を9月まで延期するとしたうえで、アメリカと対立が続く中国について協議するためロシアなど4か国を招待したいとする考えを示しました。

ロシア大統領府によりますと、トランプ大統領は1日、プーチン大統領と電話で会談し、この考えを正式に伝えたということです。

これに先立って大統領府のペスコフ報道官は「今回の提案に反応するためにはさらに情報が必要だ」と述べ、詳細な情報を得たうえで参加するかどうかを判断する意向を示しました。

また、議会上院で国際問題を担当しているコサチョフ委員長は「決定に影響を与える機会が平等にあるかが重要なことだ」と指摘しました。

クリミア併合を受けて当時のG8から排除されたロシアとしては、トランプ大統領の発言そのものは評価しているとみられます。

ただ、ロシアと関係を強化している中国について協議するとされていることから、ロシアが参加した場合、首脳会議での決定にどこまで関与できるのかなどを見極めたうえで対応を決めるとみられます。

カナダ首相 ロシア参加に反対「国際ルールを軽視」

カナダのトルドー首相は、1日の記者会見でロシアのG7サミット参加に反対する考えを明らかにしました。

この中でトルドー首相は「ロシアはクリミアに侵攻したあとサミットから排除された」と説明し、「ロシアは今も国際的なルールや規範を軽視し侮っており、それがG7から排除されている理由だ。引き続き排除されるべきだ」と述べました。

またトルドー首相は、G20=主要20か国のサミットは世界のさまざまな国が参加する会議であるのに対して、G7は価値観などを共有する同盟国や友好国による会議だとその意義を強調し、G7を「時代遅れ」と評したトランプ大統領とは異なる立場を示しました。