NY株式市場 5月は4%値上がり 経済活動再開期待から

NY株式市場 5月は4%値上がり 経済活動再開期待から
29日のニューヨーク株式市場は、アメリカと中国の対立激化への懸念が強まりましたが、ダウ平均株価は小幅な値動きで今週の取り引きを終えています。
29日のニューヨーク株式市場ダウ平均株価の終値は、前の日に比べて17ドル53セント安い、2万5383ドル11セントで、小幅な値下がりでした。

この日は米中の対立が激しくなるのではないかという懸念から、ダウ平均株価は値下がりで取り引きされていましたが、トランプ大統領の会見を受け、「経済的に深刻な影響を与えるような対立にはなっていない」として買い戻す動きが強まり、一時、値上がりに転じました。

今月のニューヨーク株式市場は、アメリカで広がった経済活動の再開で景気の先行きへの期待が強まり、ダウ平均株価は1000ドル余り、率にして4%値上がりしました。

市場関係者は、「この2か月、株価は順調に回復してきたと言えるが米中の対立をはじめ、感染の第2波への警戒など、さまざまな懸念を抱えながら6月のマーケットが始まることになる」と話していました。