“紀州のドン・ファン” 会社社長死亡から2年 経緯解明は難航

“紀州のドン・ファン” 会社社長死亡から2年 経緯解明は難航
k10012442691_202005240515_202005240523.mp4
“紀州のドン・ファン”とも呼ばれた和歌山県の会社社長が急性覚醒剤中毒で死亡してから24日で2年になります。警察は容疑者を特定しないまま殺人の疑いで捜査を続けていますが、不審死の経緯の解明は難航しています。
自伝のタイトルから“紀州のドン・ファン”とも呼ばれた和歌山県田辺市の会社社長、野崎幸助(当時77)さんは、おととしの5月24日、自宅で死亡しているのが見つかりました。

死因は急性覚醒剤中毒で、警察は腕などに覚醒剤を注入した痕が確認されなかったことから口から摂取した可能性が高いと見て、経緯を調べるため容疑者を特定しないまま殺人の疑いで捜査を続けています。

これまでの調べで、野崎さんは当日夕方に自宅1階でビールを飲んだあと、2階の寝室で休んでいた際に体調が急変し、午後9時ごろ死亡したとみられています。

このため警察は、自宅や会社の倉庫などにあった大量のビールの空き瓶を押収し鑑定を進めていますが、捜査関係者によりますとこれまで覚醒剤の成分は検出されていないということです。

また、トラブルがなかったか交友関係の捜査も続けていますが結び付く情報はなく、資産家の不審死の経緯の解明は2年がたつ今も難航しています。