川に流されたか 小学2年男児 捜索も見つからず 長野 千曲

川に流されたか 小学2年男児 捜索も見つからず 長野 千曲
長野県千曲市で小学2年生の男の子の行方が、22日から分からなくなり、警察などが近くの川に流されたとみて、捜索を続けていましたが見つからず、23日の捜索はいったん打ち切られました。
行方が分からなくなっているのは、長野県千曲市の小学2年生、中村士くん(7)です。

警察によりますと、士くんは22日の午後5時半ごろに4歳の弟と自宅を出たあと、行方が分からなくなりました。

その後、23日午前0時すぎに、近くを流れる千曲川で弟が木の枝につかまっているのが見つかり、救助されましたが、士くんは見つかりませんでした。

警察や消防などは川に流されたとみて、23日朝からおよそ200人態勢で捜索しましたが見つからず、23日午後4時半に捜索をいったん打ち切りました。

士くんは身長1メートル20センチ位のやせ形で坊主頭、黒色の長袖Tシャツと灰色のズボンを着て、青色の長靴をはいていたということです。

警察によりますと、弟に目立ったけがはなく、意識はありますが、病院に入院していて詳しい話は聞けていないということで、警察などは、24日朝から捜索を再開することにしています。