米政権高官ら 核爆発伴う核実験 再開するか話し合いか 米紙

米政権高官ら 核爆発伴う核実験 再開するか話し合いか 米紙
アメリカの有力紙「ワシントン・ポスト」は、トランプ政権の高官らが先週、30年近く行っていない核爆発を伴う核実験について、再開するかどうか話し合ったと報じました。
アメリカのワシントン・ポストは22日の電子版で、トランプ政権の安全保障を担当する高官らが、今月15日に行った会議で、核爆発を伴う核実験について、再開するかどうか話し合ったと報じました。

記事によりますと、この会議では結論は出ず、政府高官の1人が「議論は続いている」と話したとしています。

トランプ政権はロシアが去年、核爆発を伴う実験を行ったと主張しているほか、中国による核実験の可能性にも懸念を示しています。

ワシントン・ポストはアメリカが実験を再開すれば、ロシアと中国を核軍縮の交渉につかせるうえで有利になりうるとする政府高官の見方も伝えています。

アメリカは去年2月、核爆発を伴わない臨界前核実験を行いましたが、1992年に地下核実験を実施してからは核爆発を伴う核実験は行っていません。

この記事についてアメリカ政府は、これまでのところ正式なコメントを出していません。