かごしま国体 開催不可なら1年程度の延期を要望 鹿児島県

かごしま国体 開催不可なら1年程度の延期を要望 鹿児島県
新型コロナウイルスの影響で開催の可否が検討されている、ことし10月の「かごしま国体」と全国障害者スポーツ大会について、鹿児島県は10月の開催が難しい場合、日本スポーツ協会などに対して、最長1年程度延期する案を要望していることが関係者への取材で分かりました。
ことし10月予定の「かごしま国体」と、全国障害者スポーツ大会について、共催の鹿児島県と日本スポーツ協会、日本障がい者スポーツ協会、スポーツ庁の4者は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う選手の安全確保の観点などから開催の可否を検討しています。

これについて、鹿児島県の三反園知事は今月20日、「10月の『かごしま国体』を安全な形で開催することは難しいかもしれないという認識は一致している」と述べ、当初の予定どおりの開催が難しくなっているという見方を示しています。

こうした中、鹿児島県は10月の開催が難しい場合、最長で1年程度延期する案を要望していることが、関係者への取材で分かりました。

国体開催に向けて、県は昨年度までの10年間で153億円、今年度も82億円を投じて準備を進めていますが、延期の場合はさらに費用がかさむ見込みです。

また、来年の開催地は三重県、再来年が栃木県とすでに決まっているため、他県との調整が不可欠となるなど、難航が予想されます。鹿児島県など4者は、開催の可否を来月上旬にも示す方針です。