小学2年生の男の子が行方不明 川に流されたか 長野 千曲

小学2年生の男の子が行方不明 川に流されたか 長野 千曲
22日、長野県千曲市で小学2年生の男の子が自宅を出たあと行方が分からなくなり、警察などは、一緒にいた弟が近くの川で救助されたことから川に流されたとみて捜索を行っています。
22日夜9時半ごろ、長野県千曲市に住む小学2年生の中村士くん(7)が、4歳の弟と自宅を出たまま行方が分からなくなったと父親から警察に通報がありました。

警察などが付近を捜索したところ、近くを流れる千曲川で弟が木の枝につかまっているのが見つかり、救助されました。

目立ったけがはなく意識はありますが、士くんの行方は分かっていないということです。

また、弟が見つかった場所から200メートルほど下流にある冠着橋付近で、士くんが乗っていた自転車が見つかったということです。

2人は午後5時半ごろに自宅を出たということで、警察や消防などは現場の状況から川に流されたとみて、およそ30人態勢で捜索を行っています。