狂犬病の患者を確認 国内で14年ぶり フィリピンで感染か

狂犬病の患者を確認 国内で14年ぶり フィリピンで感染か
愛知県豊橋市はフィリピンから来日し、市内の医療機関を受診した患者が狂犬病と確認されたと発表しました。国内で狂犬病の患者が確認されたのは14年ぶりです。
狂犬病と確認されたのは、ことし2月にフィリピンから来日した患者で、豊橋市は年齢や性別、国籍は公表していません。

患者は今月11日に足首の痛みがあり、その後、腹痛やおう吐などの症状が出て、今月18日に市内の医療機関を受診し、集中治療室に入院しました。

患者の検体を、国立感染症研究所に送って検査したところ、22日、狂犬病の感染が確認されました。患者の家族は、去年9月ごろにフィリピンで犬に足首をかまれたと、話しているということで、市では、フィリピンで感染したとみています。

厚生労働省によりますと狂犬病は、ウイルスに感染した犬や猫などにかまれることで感染し、通常、人から人に感染することはないということです。

また、感染してすぐにワクチンを接種すれば発症を防ぐことができますが、接種しないと多くは1か月から3か月、長い場合は1年以上たってから発症することがあります。

発症すると有効な治療法がなく、ほぼ100%の患者が亡くなるということです。

国立感染症研究所によりますと、国内で狂犬病の患者が確認されたのは、2006年にフィリピンから帰国した2人の感染が報告されて以来、14年ぶりです。

狂犬病とは

狂犬病はウイルスが原因の病気で、犬だけでなく猫やコウモリなどウイルスに感染した動物にかまれ、唾液中のウイルスが傷口から体の中に入ることで感染します。

感染してすぐにワクチンを接種すれば発症を防ぐことができますが、ワクチンを接種しないと多くは1か月から3か月、長い場合は1年以上たってから発症することがあります。

発症すると強い不安感や一時的な錯乱などの精神症状や、けいれんやまひなどの神経症状が出て、有効な治療法がないためほぼ100%の患者が亡くなります。

感染症に詳しい国立三重病院の谷口清州医師によりますと、狂犬病が人から人に感染した報告はないものの、感染した人の唾液にはウイルスが含まれるので、濃厚接触した人は速やかにワクチンを接種することが重要だとしています。