辺野古移設工事 沖縄県知事“農相指示取り消しを” 国は反論

辺野古移設工事 沖縄県知事“農相指示取り消しを” 国は反論
アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設工事をめぐり、農林水産大臣が出した指示について審査している国の第三者機関の会合に沖縄県の玉城知事が出席し、自治体の自主性を著しく制約するものだとして、指示の取り消しを求めました。これに対し国は、サンゴを守るために必要な指示で妥当だと反論しました。
アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設工事をめぐって、沖縄県は、農林水産大臣が埋め立て予定海域のサンゴの移植を許可するよう指示したことは違法な国の関与に当たるとして、国と地方の争いを調停する「国地方係争処理委員会」に審査を申し出ています。

委員会は22日、沖縄県と農林水産省の双方から直接意見を聞く審査をテレビ会議の形式で行い、玉城知事と水産庁の山口長官らが出席しました。

この中で、玉城知事は「移設工事は、軟弱地盤が見つかり予定どおりできないことは明らかで、サンゴの移植の必要性に疑義が生じている。農林水産大臣の指示は自治体の自主性を著しく制約するものだ」と主張し、指示の取り消しを求めました。

これに対し、水産庁の山口長官は「サンゴの移植が不必要になることは見込まれておらず、指示はサンゴを守るためのもので妥当だ」と反論しました。

委員会では、22日の双方の主張も踏まえて、来月30日までに結論を出すことにしています。