DV相談増加「コロナが要因か 一人でも多く支援を」女性活躍相

DV相談増加「コロナが要因か 一人でも多く支援を」女性活躍相
DV=ドメスティック・バイオレンスについて先月、全国の支援センターに寄せられた相談は、前の年の同じ月よりおよそ3割増えました。橋本女性活躍担当大臣は、新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛などが要因とみられるとして、引き続き支援に取り組む考えを示しました。
これは、橋本女性活躍担当大臣が22日、記者会見で公表しました。

それによりますと先月、全国の配偶者暴力相談支援センターに寄せられたDVに関する相談は1万3272件で、前の年の同じ月に比べておよそ3割増えたということです。

新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛や休業の呼びかけによって、生活への不安やストレスが増加し、DVの被害が深刻化していることなどが要因とみられるとしています。

橋本大臣は「被害に遭っている人を、1人でも多く支援することが大事だ。引き続き、相談窓口の周知の徹底や民間シェルターへの支援などに、しっかり取り組みたい」と述べました。