旧民社党 元委員長 塚本三郎氏死去 93歳

旧民社党 元委員長 塚本三郎氏死去 93歳
旧民社党の委員長などを務めた元衆議院議員の塚本三郎氏が20日、名古屋市の自宅で亡くなりました。93歳でした。
塚本氏は昭和33年の衆議院選挙に立候補して初当選し、合わせて10回当選しました。

この間、旧民社党の結成に参加し、副書記長などを経て昭和49年には書記長に就任し、10年余りにわたって務めました。

昭和60年には党の5代目の委員長に就任し、3代目の委員長を務めた春日一幸氏の系譜を引き継ぎ、自民党と公明党との連携を重視する、いわゆる「自公民路線」を推進しました。

昭和63年の通常国会では、当時の竹下総理大臣の施政方針演説に対する代表質問で北朝鮮による拉致事件を取り上げました。

しかし平成元年には、リクルート事件に関連して委員長を辞任しました。

民社党解党後は自民党に入党し、その後、政界を引退していました。