黒川検事長辞職「内閣の責任感じられず」立民 枝野代表

黒川検事長辞職「内閣の責任感じられず」立民 枝野代表
東京高等検察庁の黒川弘務検事長が緊急事態宣言の中、賭けマージャンをしていた問題で辞職したことについて、立憲民主党の枝野代表は、内閣全体としての責任が全く感じられないと批判しました。
東京高等検察庁の黒川弘務検事長は、緊急事態宣言で外出自粛の要請が続く中、今月、新聞記者と賭けマージャンをしていたことを認めて辞表を提出し、22日、正式に辞職が承認されました。

立憲民主党の枝野代表は党の会合で、ことし1月に黒川氏の定年が延長されたことを踏まえ「わざわざ閣議決定を行い、従来の法解釈を変更し『余人に代えがたし』と言って定年を延長した人が問題を起こしており、単なる任命責任とは格段に違うのに、内閣全体としての責任が全く感じられない」と批判しました。

また「法務省・検察庁として事実関係自体を十分に把握していない中で、辞職を認めたことにも大きな責任がある」と述べ、引き続き政府の責任を追及していく考えを示しました。