夏の甲子園中止 コロナ後の地方大会開催などに協力 文科相

夏の甲子園中止 コロナ後の地方大会開催などに協力 文科相
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、夏の全国高校野球が中止されることを受け、萩生田文部科学大臣は生徒が成果を残す場を確保できるよう、感染収束後の地方大会などの開催に協力していく考えを示しました。
高野連などが夏の全国高校野球の中止を決めたことについて、萩生田文部科学大臣は、記者会見で「すべての高校球児にとって甲子園は憧れの夢の舞台で、多くの国民も注目する大会だ。生徒の健康と安全を第一に考慮した結果だと理解しているが、高校3年生にとってはこれまでの練習の成果を発揮できる機会すら失ったことになり、かけるべきことばが見つからないほど心が痛む」と述べました。

そのうえで、「スポーツ推薦での進学を希望する生徒にとって、3年時の大会の成績は非常に重要な意味を持っていて、進路選択の可能性を広げる観点からも何らかの大会の開催は有意義だ」と述べ、感染収束後の地方大会などの開催に協力していく考えを示しました。