小池都知事 新型コロナ第2波に備え医療体制整備など要望

小池都知事 新型コロナ第2波に備え医療体制整備など要望
東京都の小池知事は22日午前、西村経済再生担当大臣と会談し、緊急事態宣言の解除を見据えて、再び感染が拡大する第2波に備えPCR検査のさらなる拡充など、医療体制の整備を進めるよう要望しました。
小池知事は22日午前、西村経済再生担当大臣と会談しました。

この中で小池知事は、東京などの緊急事態宣言の解除を見据えて、再び感染が拡大する第2波に備えてPCR検査のさらなる拡充など医療体制を整備するとともに、事業者に対する家賃補助など経済対策を積極的に進めるよう要望したということです。

このあと小池知事は記者団に対し、緊急事態宣言の解除を政府が来週25日にも判断する方針を示していることについて「31日という日付の重要性よりも、実際どこまで感染症が防止されているかということを判断されての前倒しではないか。それは喜ばしく思う一方で、再び拡大させないための、いろんなストッパーをかけていくということは共通の認識だ」と述べました。