野党側 安倍首相の任命責任追及を確認 黒川検事長の辞表提出

野党側 安倍首相の任命責任追及を確認 黒川検事長の辞表提出
東京高等検察庁の黒川弘務検事長が緊急事態宣言が出されている中で賭けマージャンをしていた問題をめぐって、野党側は、夕方、対応を協議しました。そして、黒川氏の定年延長を決めた政府の責任は極めて重いとして、22日以降の国会で、安倍総理大臣の任命責任を追及していく方針を確認しました。
国民民主党の原口国会対策委員長は、「黒川検事長を検事総長にしようとして、無理やり、定年延長したのは今の内閣だ。任命した責任は、ひとえに安倍総理大臣にある。追及を深めていきたい」と述べました。

立民 枝野代表「脱法的に在職させた判断の責任 問われる」

立憲民主党の枝野代表は、記者団に対し、「定年延長できないという従来の解釈を国民にも、国会にも説明なく、こそこそと脱法的に変えて黒川検事長を在職させた判断の責任が問われる。今後、東京高等検察庁の検事長を誰かに代えるなら、政府の『黒川氏は余人をもって代えがたい』という説明は何だったのかと思う」と述べました。

国民 玉木代表「閣議決定を取り消すべきだ」

国民民主党の玉木代表は、記者団に対し、「政府は、『余人をもって代えがたい』として黒川氏の定年延長を閣議決定したが、本人がいなくなるのであれば、閣議決定を取り消すべきだ。内閣の責任も厳しく問われているので、安倍総理大臣には予算委員会などで説明するよう求めたい」と述べました。

維新 松井代表「賭博行為をしたなら黒川氏の取り調べを」

日本維新の会の松井代表は、記者団に対し、「今回の件は法的な責任があるのかどうかであり、賭博行為をしたなら、検察は黒川氏を取り調べないといけない。また、外出自粛のなかで、公務員のトップクラスの人がメディアの人と密な状況でマージャンをしていたことは、道義的にもいかがなものかと思う」と述べました。

一方、黒川氏の定年延長を決めた閣議決定を撤回すべきだという意見について、「賭博行為はだめだが、検察官として歩んできた功績をすべて否定するのはちょっと違う」と述べました。

共産 志位委員長「これで幕引きにするわけにはいかない」

共産党の志位委員長は、記者会見で、「言語道断で辞任は当然だが、事実関係の究明が必要で、これで幕引きにするわけにはいかない。勝手な法解釈で黒川氏の定年延長を閣議決定した安倍政権の責任が問われる。閣議決定の撤回と検察庁法改正案の廃案を求める」と述べました。

れ新 山本代表「定年延長決めた閣議決定は撤回すべき」

れいわ新選組の山本代表は、記者団に対し、「違法な遊びをしていたのであれば、辞任は相応だ。また、検察庁法の改正は検察の独立性を侵害するので許すべきではないし、黒川氏の定年延長を決めた閣議決定は罪深く、撤回するべきだ」と述べました。