新型コロナで延期されていた中国 全人代 あす開幕

新型コロナで延期されていた中国 全人代 あす開幕
中国で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期されていた全人代=全国人民代表大会が、22日、北京で開幕します。これに先立って、習近平国家主席ら共産党の最高指導部のメンバーが顔をそろえる重要会議が始まり、出席者全員で黙とうをささげ、感染で亡くなった人たちに哀悼の意を示しました。
中国で最も重要な政治日程の1つ、全人代が22日から始まるのを前に国政の助言機関、政治協商会議が、21日午後、北京の人民大会堂で開幕しました。

会議が始まると、習近平国家主席や李克強首相をはじめ、共産党の最高指導部のメンバーはマスクをせずに壇上に姿を現しました。

一方、各地の代表ら2000人余りの出席者はマスクをつけていたものの、隣の人との間隔を空けて着席する措置はとっていませんでした。

会議の冒頭、出席者全員で1分間、黙とうがささげられ、習主席の指揮のもと、新型コロナウイルスの感染の抑え込みで大きな成果があったとしたうえで亡くなった人たちに哀悼の意を示しました。

このあと、党の序列4位で政治協商会議トップの汪洋氏が演説し、引き続き、指導部のもとで団結していく方針を強調しました。

22日から始まる全人代では、李首相が政府活動報告を行う予定で、感染拡大を受けて景気が落ち込む中、例年発表してきた経済成長率の目標をどのように打ち出すかが焦点となっています。