ゴーン元会長逃亡までの動きは 逮捕のアメリカ人 容疑内容公表

ゴーン元会長逃亡までの動きは 逮捕のアメリカ人 容疑内容公表
日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン容疑者が中東のレバノンに逃亡した事件で、逃亡を手助けしたとして逮捕されたアメリカ人2人のうち1人が、逃亡の5か月前から12月上旬までに繰り返し日本を訪れ、少なくとも7回ゴーン元会長と接触していたとみられることが裁判所が公表した文書でわかりました。
アメリカの捜査当局は、東京地検特捜部が逮捕状を取っているアメリカ人のマイケル・テイラー容疑者(59)と、息子のピーター・テイラー容疑者(27)を、日本側の要請を受けて、20日、東部マサチューセッツ州で逮捕しました。

2人は、去年12月に保釈中のカルロス・ゴーン元会長が、日本からプライベートジェットを使ってレバノンに逃亡するのを手助けした疑いが持たれています。

日本とアメリカは、容疑者の身柄の引き渡しに関する条約を結んでいて、20日、マサチューセッツ州の裁判所は、2人の身柄を日本に引き渡すか審理するための司法手続きを行い、これに先立ち、容疑内容を記した文書を公表しました。

それによりますと、2人のうち息子のピーター・テイラー容疑者は、ゴーン元会長が逃亡する5か月前の去年7月以降、12月上旬までの間に、少なくとも3回日本を訪れ、元会長と7回は会っていたとみられるということです。

また、今回の逮捕当日にアメリカを出発して、レバノンに向かう予定だったということです。

2人の身柄をめぐっては、裁判所が日本への引き渡しは可能だと判断した場合、さらに国務省が、引き渡しの是非について最終的に判断することになっています。

容疑者 親子2人の足取りは

公表された文書によりますと、2人のうち息子のピーター・テイラー容疑者は、ゴーン元会長が逃亡する5か月前の去年7月以降、12月上旬までの間に、少なくとも3回日本を訪れ、元会長と7回は会っていたとみられるということです。

そして、元会長が逃亡する前日の12月28日に再び日本を訪れ、都内のホテルで元会長とおよそ1時間、会っていたとしています。

一方、父親のマイケル・テイラー容疑者は、逃亡当日の12月29日午前10時すぎに、まだ逮捕されていない別の容疑者とともに、UAE=アラブ首長国連邦のドバイからプライベートジェットで関西空港に到着したとみられるということです。

その際の様子をとらえた防犯カメラには、マイケル・テイラー容疑者ら2人が音楽機器の入れ物のような2つの大きな箱をプライベートジェットから運び出す様子が映っているということです。

この2人は関西空港近くのホテルにチェックインしたあと、新大阪駅から東京に向かい、29日の午後3時以降、都内のホテルで、ゴーン元会長やピーター・テイラー容疑者と合流したとみられるということです。

そして、ピーター・テイラー容疑者が、成田空港から中国に向かう一方、マイケル・テイラー容疑者ら2人は、ゴーン元会長とともに大阪に行って、午後8時すぎに、チェックインしていたホテルに入ったということです。

ところが、およそ2時間後の午後10時前に部屋を出るときにはゴーン元会長の姿はなく、午後11時すぎ、マイケル・テイラー容疑者ら3人は、レバノンに向かうため、プライベートジェットで経由地のトルコに向けて関西空港を出発したとみられるということです。

親子のうち、父親のマイケル・テイラー容疑者はことし2月にドバイからアメリカに帰国し、3月には息子のピーター・テイラー容疑者も、同じくドバイからアメリカに帰国したということです。

官房長官「速やかに引き渡し請求を行うなど準備中」

菅官房長官は21日午後の記者会見で、「日本への引き渡しについては、東京地方検察庁において、速やかに引き渡し請求を行うなどの準備を進めているところだ」と述べました。