プリンスホテル 夏開業予定だった3棟 延期に 新型コロナ影響

プリンスホテル 夏開業予定だった3棟 延期に 新型コロナ影響
新型コロナウイルスの感染拡大を受け大手ホテルチェーンのプリンスホテルは、ことしの夏に開業予定としていた3つのホテルについて、開業を秋以降に延期することになりました。
プリンスホテルではことしの夏、東京都の江東区と渋谷区、それに静岡県熱海市に合わせて3つのホテルを開業する予定でした。

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で外国人旅行者が激減するなど観光需要が低迷する中、いずれも開業をことしの秋以降に延期することを決めました。

このうち、7月3日が開業予定だった東京 江東区の「東京ベイ潮見プリンスホテル」は客室600室余りの大規模なホテルで、すでに予約の受け付けも始めていたため、予約していた顧客に個別に延期の連絡をしているということです。

国内のホテル業界では、ことしは東京オリンピックなどを控えて新たなホテルの開業が計画されていましたが、住友不動産が羽田空港に直結するホテルの開業を春から夏に遅らせるなど、新型コロナウイルスの影響で延期する動きが相次いでいます。