ドライブレコーダーに暴走の一部始終が… 女性ひき逃げ 東京

ドライブレコーダーに暴走の一部始終が… 女性ひき逃げ 東京
k10012439221_202005211842_202005211842.mp4
20日、東京 大田区で警察の職務質問を振り切って車が暴走し歩行者が死亡した事故。現場近くを走っていた車のドライブレコーダーには、猛スピードで暴走し、事故を起こすまでの一部始終が記録されていました。
飲食店を経営する大田区の49歳の男性の車のドライブレコーダーには、後ろから猛スピードで白い車が追い越していく様子が写っています。

白い車は車線を変更しながら車と車の間をすり抜けていきました。

そのあと、男性の車が進んでいくと、前方に事故現場が見えてきて、白煙がのぼっているのが確認できます。

容疑者とみられる女が車を降りて逃げていく様子も残されていました。

男性は「白い車はハザードランプをつけたまま、体感的には、時速70、80キロから100キロぐらいと感じるほど猛スピードで追い越して行きました。しばらくその先に行くと事故が起きていて、2台の車の間に女性が倒れていました」と当時の状況を説明しました。

そのうえで「逃げていった女を追いかけ、駆けつけた警察官に特徴などを伝えました。確保されたあと、顔を確認してほしいと警察から言われたとき、女は普通ではなく、気が動転している様子でした。許せない事故ですし、車が突っ込んできたら避けることはできないと実感しました。自分の車も巻き込まれていたかもしれないと思うと、ぞっとしました」と話していました。