無人宇宙輸送船「こうのとり」 最後の打ち上げが成功

無人宇宙輸送船「こうのとり」 最後の打ち上げが成功
k10012438421_202005210539_202005210541.mp4
国際宇宙ステーションに物資を運ぶ日本の無人宇宙輸送船「こうのとり」の最後となる9号機の打ち上げが、鹿児島県の種子島宇宙センターで行われ、21日午前3時前に「こうのとり」は計画どおりに切り離されて、打ち上げは成功しました。
日本の無人宇宙輸送船「こうのとり」9号機を載せたH2Bロケットは、21日午前2時31分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、補助エンジンや1段目などを切り離しながら上昇を続けました。

そして打ち上げからおよそ15分後の午前2時46分ごろ、計画どおり高度280キロ余りで「こうのとり」を分離し、打ち上げは成功しました。

「こうのとり」は全長10メートル、直径4.4メートルの円筒形の宇宙船で、高度400キロ付近で地球を周回している国際宇宙ステーションに物資を運ぶためにJAXA=宇宙航空研究開発機構が開発しました。

国際宇宙ステーションへの輸送能力としては最大の6トン余りの物資を運ぶことができますが、今回の9号機で運用を終えます。

「こうのとり」は11年前の2009年から運用が始まり、初号機から今回までの9機すべての打ち上げに成功し、国際宇宙ステーションに合わせておよそ50トンの物資を届けることになります。

JAXAは、「こうのとり」の後継機として「HTVーX」を開発して来年度中に打ち上げ、国際宇宙ステーションに物資を運ぶほか、今後、建設が計画されている月を周回する宇宙ステーション、「ゲートウェイ」にも物資を運ぶ予定になっています。

「こうのとり」9号機はロケットから切り離されたあと、高度400キロ付近まで高度を上げ、今月25日に国際宇宙ステーションに到着する予定です。

打ち上げ担当者「非常に安堵している」

打ち上げを担当した三菱重工業の阿部直彦防衛・宇宙セグメント長は「新型コロナウイルスの感染拡大の影響でさまざまな制約が多い中、地元の関係者の理解で無事に打ち上げることができ、非常に安堵している」と述べました。

また、三菱重工業が取り組んでいる民間の人工衛星の打ち上げ輸送サービスについて、「サービスを始めた当時、日本のロケットは名前さえ覚えられていなかったが、H2AロケットとH2Bロケットはあわせて50機のうち49機の打ち上げに成功し、高い信頼性が世界でも認識されてきている。H2Aは価格の面で海外のロケットと非常に厳しい戦いをしてきたが現在開発中のH3ロケットで価格を下げることで受注を重ねていきたい」と話しています。