黒川検事長 法務・検察当局が調査検討 辞任不可避の情勢

黒川検事長 法務・検察当局が調査検討 辞任不可避の情勢
東京高等検察庁の黒川弘務検事長が緊急事態宣言のさなかの今月、都内の新聞記者の自宅を訪れ、賭けマージャンをした疑いがあると報じられた問題で、法務・検察当局は本人から事情を聴くなど事実関係の調査を検討していることが関係者への取材で分かりました。黒川検事長の辞任は避けられない情勢になっています。
東京高等検察庁の黒川弘務検事長が緊急事態宣言によって不要不急の外出自粛が要請されているさなかの今月1日と13日の夜、新聞記者の都内の自宅マンションを訪れ、賭けマージャンをしていた疑いがあると21日発売の「週刊文春」が報じています。

これを受けて法務・検察当局は黒川検事長から事情を聴くなど事実関係の調査を検討していることが関係者への取材で分かりました。

検察内部からは「検察庁法改正案の国会審議が行われていたさなかでもあり最悪のタイミングだ」などと声が出ていて、辞任は避けられない情勢になっています。

黒川検事長をめぐっては政府がことし1月、「必要不可欠な存在だ」としてこれまでの法解釈を変更し史上初めて定年を延長しましたが,、野党側からは「官邸に近い黒川氏を検事総長にするためではないか」などと批判が相次いでいて今後、検事総長に就任するかどうかが注目されていました。

また法解釈変更の後、個別の検察幹部の定年延長を可能にする規定が検察庁法の改正案に追加されたことについても弁護士の団体などから「黒川氏の違法・不当な定年延長を後付けで正当化するものだ」と批判が出ていました。

与野党から黒川検事長に辞任求める声

東京高等検察庁の黒川検事長が、今月、東京都内で新聞記者と賭けマージャンをした疑いがあると報じられたことを受けて、与野党双方から、事実なら辞任すべきだという声が出ています。

「文春オンライン」は、東京高等検察庁の黒川弘務検事長が、新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛の要請が続く中、今月、東京都内で、新聞記者と賭けマージャンをした疑いがあると報じました。

これについて、菅官房長官は20日の記者会見で、「事実関係の詳細を承知しておらず、コメントは控えたい」と述べました。

自民党の幹部は、「賭けマージャンは、まずい。辞めざるを得ないだろう」と述べたほか、立憲民主党の安住国会対策委員長は、「組織のリーダーとして失格と言わざるを得ない。直ちに辞任すべきだ」と述べるなど、与野党双方から、事実なら辞任すべきだという声が出ています。

野党側は、政府が黒川検事長の定年を延長した責任なども追及していく構えなのに対し、政府・与党は、新型コロナウイルスへの対応に専念し、第2次補正予算案の成立を図るなど実績を積み重ねることで、影響を抑えたい考えです。