東京電力 電気料金を誤請求 800件余の契約者に計440万円余

東京電力 電気料金を誤請求 800件余の契約者に計440万円余
東京電力は、800件余りの契約者に対し電気料金、合わせておよそ440万円を誤って請求していたことを明らかにしました。
東京電力によりますと、先月3日から今月4日までの間に電気料金のプランを変更した一般家庭など865件の契約者に対し、先月と今月の電気料金を誤って請求していたということです。

電気料金のプランを変更する手続きにミスがあり、変更後のプランだけでなく、変更前のプランの分の料金も請求していたということです。

また、東京電力との契約を打ち切って別の事業者に切り替えた契約者にも、料金を請求していたケースがあったということです。

誤って請求した金額は合わせて443万円に上り、東京電力は電話や郵送で個別に連絡したうえで、返金の手続きを進めるとしています。

東京電力は「お客様にご迷惑やご心配をおかけすることとなり、深くおわび申し上げます」としています。