サイクロン上陸へ 避難所で感染拡大懸念 インド東部など

サイクロン上陸へ 避難所で感染拡大懸念 インド東部など
新型コロナウイルスの感染が広がっているインド東部とバングラデシュに、20日夜にも非常に強い勢力のサイクロンが上陸する見込みで、暴風雨や高潮による被害に加え、避難所に住民が密集して感染が拡大することへの懸念も強まっています。
インドの気象当局などによりますと、サイクロン「アンパン」は一時、最も強い勢力の「スーパーサイクロン」に発達しましたが、その後、勢力をやや弱め、インド東方沖のベンガル湾を北上しています。

サイクロンはこの後、インド東部とバングラデシュの沿岸部にさらに接近し、20日夜にも国境付近に上陸する見込みで、気象当局は1999年にインド東部でおよそ1万人の犠牲者が出たサイクロンに匹敵する被害が出るおそれがあるとして、厳重な警戒を呼びかけています。

インドでは新型コロナウイルスの感染が広がっていて、サイクロンが接近している東部の2つの州では合わせて4000人近い感染者が出ているほか、バングラデシュでは感染者が2万5000人を超えています。

サイクロンの接近を受けてインドとバングラデシュでは合わせておよそ270万人に避難を呼びかけていますが、住民が避難所に密集することで感染が拡大することへの懸念も強まっています。

地元当局は避難所の定員を半分に制限したり、アルコール消毒を徹底したりするなどの対策を取っていますが、避難所に入れない住民が出るおそれもあり、難しい対応を迫られています。

「まずは避難」NGO

インドやバングラデシュで活動するNGOの「ワールド・ビジョン」のチェリアン・トーマス南アジア太平洋地域リーダーはNHKの取材に対し「避難所で人と人とを分けて、多くの人々が密集しないよう距離をとるのは難しい」と述べ、避難行動と感染の防止対策を両立させる難しさを指摘しました。

そのうえで「考えられるリスクに優先順位をつけることが大切だ。まずは安全な場所に避難し、避難所ではマスクをしたり手の消毒をしたりして、可能な感染対策を取るべきだ」と述べて、避難所などに避難して身の安全を確保することを優先すべきだと強調しました。

また現地では、住宅などに被害が出た場合に、どのようにして避難所での生活を長引かせないようにするかも大きな課題になっているということです。