職務質問に応じず車が暴走 女性巻き込まれ死亡 東京 大田区

職務質問に応じず車が暴走 女性巻き込まれ死亡 東京 大田区
k10012437531_202005202147_202005202200.mp4
20日午後、東京・大田区で車が暴走して歩道に乗り上げ、歩いていた34歳の女性が巻き込まれて死亡しました。車のドライバーは警察官の職務質問に応じず、信号を無視して逃げたということで、警視庁が詳しい状況を調べています。
20日午後1時ごろ、東京・大田区南馬込で、車が歩道に乗り上げて暴走し、停車していた車2台に次々と衝突したということです。

警視庁によりますと、その際、歩道を歩いていたとみられる、大田区中馬込の会社員、高橋悠さん(34)が事故に巻き込まれ、搬送先の病院で死亡しました。

捜査関係者によりますと、警察官が最初、品川区内で車のドライバーに職務質問したところ、それに応じず、車は信号を無視して暴走し、大田区内で事故を起こしたということです。

警視庁はパトカーで追跡しましたが、途中で見失い、周辺を探していたところ、車を運転していた自称、川崎市の飲食店店員、中川真理紗容疑者(31)が、車を乗り捨てて近くのマンションに逃げ込んだのを見つけ、信号を無視したとして、道路交通法違反の疑いで逮捕しました。

調べに対し、「車を発進させたが、信号無視や事故を起こしたことは詳しく覚えていない」と供述しているということです。

警視庁は逃げた理由や、事故の詳しい状況を調べています。

事故直後 現場付近は

東京 大田区で車が暴走し、歩行者が巻き込まれる事故が起きた直後に、現場付近を通りかかった男性が撮影した動画では、歩道と車道の間にあるガードパイプがなぎ倒され、その付近を警察官が交通整理している様子が確認できます。

さらに、白い乗用車が塀にぶつかっていて、フロント部分が大きく壊れている様子が確認できます。

現場近くの男性「大きな音 クラクションが連続」

現場近くで仕事をしていた60代の男性は「金属を引きずるような大きな音とクラクションが連続する音が聞こえた。外に出たら白い煙が上がっていて、車のものとみられる破片がたくさん散らばっていた。事故を目撃した人に聞いたら、ドライバーが事故を起こしたあと、現場から逃げたようだ」と話していました。

白い乗用車 猛スピードで 防犯カメラに

現場近くにある防犯カメラの映像には事故を起こしたとみられる白い乗用車が事故の直前にほかの車と比べて速い猛スピードで走り抜けていくのが確認されました。防犯カメラの映像は、警視庁が押収し、分析を進めているということです。

マンションに逃げ込む姿 防犯カメラに

暴走した車の女のドライバーが近くのマンションに逃げ込み、大勢の警察官に囲まれて確保される様子が防犯カメラに写っていました。

ドライバーは携帯電話をかけながら、急いだ様子でマンションの中に駆け込み、上の階に上がるエレベーターのボタンを押しましたが、エレベーターが到着する前に階段を駆け上がっていきました。

その後、エレベーターの中の様子を写した防犯カメラには、女のドライバーが大勢の警察官に囲まれながら下の階に降りる様子が写っていました。
そして、マンションの1階で、さらに警察官が待ち構える中、連れて行かれていました。

防犯カメラの映像のデータは、警視庁が回収していったということです。

マンションの女性「連れて行かれた女はぼう然としていた」

逮捕された女のドライバーが逃げ込んだマンションに住む女性は「ドンという音を聞いて部屋から下を見たら女性が倒れているのが見えた。マンションの下に降りたところ、女が警察官とみられる人物に両脇を抱えられて連れて行かれていた。連れて行かれた時、ぼう然とした様子だった」と話していました。

車暴走の経緯

警視庁によりますと、事故現場から北におよそ1キロ離れた東京 品川区二葉で、暴走した車の女のドライバーは、警察官に職務質問を受けました。

その際、職務質問には応じず、突然、車を発進させ、第二京浜国道を南に向かって暴走し、途中、信号無視をしたということです。

その後、歩道に乗り上げて40メートルほど走り、大田区内で停車中の車に接触するなどの事故を起こしていました。