パトカーが追跡の車暴走 はねられた人が意識不明 東京 大田区

パトカーが追跡の車暴走 はねられた人が意識不明 東京 大田区
k10012437491_202005201618_202005201646.mp4
20日午後1時ごろ、東京 大田区でパトカーが追跡していた車が暴走し、歩行者を巻き込んではねたということです。歩行者は病院に運ばれ、手当てを受けていますが、意識がない状態で、警視庁は車のドライバーを確保し、詳しい状況を調べています。
警視庁によりますと、20日午後1時ごろ、東京 大田区南馬込で、パトカーが追跡していた車が暴走し、歩行者を巻き込んではねたということです。さらにほかの車にも衝突し、歩行者は病院に運ばれて手当てを受けていますが、意識がない状態だということです。

捜査関係者によりますと、最初、警察官が車のドライバーに職務質問したところ、車で暴走し、歩行者をはねたとみられるということです。

その後、ドライバーは車から降りて近くのマンションに逃げ込み、駆けつけた捜査員に身柄を確保されたということです。

NHKのヘリコプターから撮影した映像では、マンションに挟まれた道路の横断歩道付近に前の部分が大きく壊れた乗用車が停止しているほか、別のもう1台の乗用車が後ろの部分が壊れた状態でとまっています。現場付近には立ち入りを規制するテープが張られていました。

警視庁は詳しい状況を調べています。

現場を通りかかった男性「ふつうの事故ではないなと」

現場を通りかかった男性が撮影した映像には、激しく衝突した車がとまっていて捜査員が車を詳しく調べる様子が写っていました。

男性は「警察官や捜査車両とみられる車の数がものすごかったのでふつうの事故ではないなと思いました。近所の人は不安そうにしていました」と話していました。