「スーパーサイクロン」インドなどに接近 コロナ感染拡大懸念

「スーパーサイクロン」インドなどに接近 コロナ感染拡大懸念
最も強い勢力に発達したサイクロンが、インドとバングラデシュに接近し20日午後にも、上陸するおそれがあります。現地では、数百万人が避難の対象となっていて、暴風雨による被害にくわえ、避難先での新型コロナウイルスの感染拡大にも懸念が強まっています。
インドの気象当局などによりますと、インド東方沖のベンガル湾で発生したサイクロン「アンパン」は、最も強い「スーパーサイクロン」に発達しました。

サイクロンは現在も北上を続けていて、この後、勢力をやや弱めながら、インド東部からバングラデシュの沿岸部に接近し20日午後にも上陸するおそれがあります。

上陸時の中心付近の最大瞬間風速は50メートル前後と予想されるほか、高潮のおそれもあり、気象当局は1999年にインド東部でおよそ1万人の犠牲者が出たサイクロンに匹敵する被害が出るおそれがあるとして厳重に警戒するよう呼びかけています。

インドとバングラデシュでは、合わせて数百万人が避難の対象となっていて、暴風雨による被害にくわえ、大勢の住民が避難所に集まることで、新型コロナウイルスの感染が拡大する懸念も強まっています。