NY株式市場 ダウ平均株価 4日ぶりに値下がり

NY株式市場 ダウ平均株価 4日ぶりに値下がり
19日のニューヨーク株式市場は、前日の大幅な上昇の反動から当面の利益を確保しようという売り注文が目立ち、ダウ平均株価は、4日ぶりに値下がりしました。
19日のニューヨーク株式市場ダウ平均株価の終値は、前の日に比べて390ドル51セント安い、2万4206ドル86セントでした。

値下がりは4日ぶりです。

前日の18日に900ドルを超える大幅な上昇を記録したことから、この日は、当面の利益を確保しておこうという売り注文が先行しました。

一方で、議会上院の公聴会に出席したFRBのパウエル議長が景気を下支えするため、今後も必要に応じて追加の金融緩和を行う方針を示しダウ平均株価は、前日の終値付近で推移していましたが、取り引き終了にかけて大きく値下がりしました。

市場関係者は、「米中の対立が再び激しさを増していて、事態を見極めたいという投資家も多くいたようだ」と話しています。