東京五輪閉会式翌日の来年8月9日 振替休日で調整へ

東京五輪閉会式翌日の来年8月9日 振替休日で調整へ
来年の東京オリンピックの閉会式翌日の8月9日を祝日にすることについて、長崎原爆の日を祝日にするのはそぐわないとして自民党の了承が得られなかったことから、政府は前日の日曜日を祝日とし、9日は振替休日とする方向で調整を進めることになりました。
来年に延期された東京オリンピックで、交通機関の混雑を緩和するため、政府は、ことしと同様に、開会式などに合わせて祝日を移動させる方針です。

しかし、19日開かれた自民党の政調審議会で、オリンピックの閉会式翌日の8月9日を「山の日」にすることについて、「長崎に原爆が投下された日を祝日にするのはそぐわない」といった意見が出され、了承されませんでした。

これを受けて、政府は、閉会式当日の8月8日の日曜日を「山の日」として、9日は振替休日とする方向で調整することになりました。

政府は、与党の了承を得たうえで、こうした内容を盛り込んだ特別措置法の改正案を今の国会に提出し、成立させたい考えです。