夏の全国高校野球開催 20日にも結論 中止も視野 コロナ影響

夏の全国高校野球開催 20日にも結論 中止も視野 コロナ影響
新型コロナウイルスの感染が拡大したことを受け、高野連=日本高校野球連盟などはことし8月に予定している夏の全国高校野球の開催について20日、協議を行います。高野連などは感染のリスクや学校が休校した影響を踏まえ中止も視野に検討を進めていて、20日結論を出すものとみられます。
ことしの夏の全国高校野球は8月10日に甲子園球場で開幕する予定ですが、新型コロナウイルスの感染が拡大したことを受け、高野連などは20日正午からオンラインで運営委員会を開き、大会の開催について協議を行います。

夏の甲子園の開催を巡っては全国から選手や関係者が都道府県を越えて移動し、長期間、宿泊するため感染のリスクがあることや学校の休校が長期化した影響で夏休みが短縮された場合、大会日程を確保できないおそれがあるなど、多くの課題が指摘されています。

こうした状況を踏まえて高野連などは中止も視野に検討を進めていて、20日結論を出すものとみられます。

これまで101回を数える夏の甲子園の歴史の中で中止されたのは大正7年と昭和16年の2回で、今回、中止となれば戦後では初めてです。