日銀 22日に臨時の金融政策決定会合を開催 追加支援を決定へ

日銀 22日に臨時の金融政策決定会合を開催 追加支援を決定へ
日銀は、中小企業の資金繰りを支援する新たな制度の導入を決めるため、臨時の金融政策決定会合を今月22日に開くと発表しました。実質無利子・無担保の融資を実行した民間の金融機関に、金利0%で資金を出す制度を正式に決定し、すみやかに実施する方針です。
日銀の発表によりますと、今月22日に臨時の金融政策決定会合を開き、新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた中小企業などの資金繰りを支援する新たな制度の導入を決めます。

具体的には、経済対策として今月始まった民間金融機関による実質無利子・無担保の融資を後押しするため、融資を実行した銀行などに金利0%で資金を出す制度を正式に決定し、すみやかに実施する方針です。

日銀は先月27日に開いた金融政策決定会合で、国債を積極的に買い入れるなど追加の金融緩和を決めました。

日銀としては来月中旬に予定していた次の金融政策決定会合を待たず、臨時の会合でいち早く導入を決めることで、厳しい資金繰りに直面する企業や個人にすみやかに資金が届くよう、対応を急ぐねらいがあるとみられます。