緊急事態への対応と憲法の在り方議論を 維新 新型コロナ

緊急事態への対応と憲法の在り方議論を 維新 新型コロナ
新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、日本維新の会は、緊急事態への対応と憲法の在り方を議論するよう、参議院の憲法審査会長に申し入れました。
日本維新の会の片山共同代表らは、参議院の林芳正憲法審査会長と面会し、審査会に関する申し入れを行いました。

申し入れでは、参議院の憲法審査会は2年以上開かれておらず、このままでは国民の負託に応えられないばかりか、参議院の存在意義すら問われるとしています。

そのうえで、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、緊急事態への対応と憲法の在り方を議論すべきだとしています。

これに対し、林会長は「日本維新の会からも与野党に働きかけてほしい」と述べました。

片山氏は記者団に対し、「憲法について国会で議論することによって国民の理解も深まる。議論することが国会の役割であり、審査会を開催すべきだ」と述べました。