検察庁法の改正案 “野党連携で廃案を” 立民 安住国対委員長

検察庁法の改正案 “野党連携で廃案を” 立民 安住国対委員長
検察庁法の改正案について、立憲民主党の安住国会対策委員長は、採決は先送りされたものの、検察官の定年延長を可能にする規定は撤回されず継続審議になっているとして、野党側で連携して廃案を目指す考えを強調しました。
検察庁法の改正案について政府・与党は、国家公務員の定年を段階的に65歳に引き上げるための法案とともに今の国会での成立を見送り、秋にも想定される臨時国会で成立を目指す方針です。

これについて立憲民主党の安住国会対策委員長は、会派の代議士会で「採決は見送られたが、法案を取り下げたわけではない。自民党は、また秋に成立に向けて強行してくる可能性がある」と述べました。そのうえで「インターネット上でも、国家公務員法や地方公務員法と違って、検察庁法の改正案は廃案にせよという大きな動きが出てきた。野党として廃案にするよう運動していきたい」と述べ、野党側で連携して廃案を目指す考えを強調しました。

また、国民民主党の原口国会対策委員長は「何よりも勝利の主役は国民だ。声を上げ、民主主義に参加してもらったことが採決の見送りにつながった。これで安心することなく、さらなる戦いをしていきたい」と述べました。