コロナ影響で経営悪化の病院 2次補正で支援の考え 加藤厚労相

コロナ影響で経営悪化の病院 2次補正で支援の考え 加藤厚労相
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で各地の病院の経営が厳しくなっていることについて、加藤厚生労働大臣は、今年度の第2次補正予算案で必要な支援を行う考えを示しました。
全国の医療機関でつくる団体は、新型コロナウイルスに感染した患者を受け入れた病院では通常の外来や入院する患者数が減少して経営の悪化が深刻になっているとした調査結果をまとめました。

これについて加藤厚生労働大臣は19日朝の記者会見で「感染した患者を受け入れていない医療機関も含めて経営が悪化している。医療全般への対応を行うことが国民の生活と健康を守るために非常に大事だ」と述べました。そのうえで「医療提供体制を維持していくために、必要な施策をしっかりと今年度の第2次補正予算案に盛り込みたい」と述べ、必要な支援を行う考えを示しました。