独仏 EU経済立て直しへ58兆円の基金創設目指す

独仏 EU経済立て直しへ58兆円の基金創設目指す
ドイツのメルケル首相とフランスのマクロン大統領は、新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な打撃を受けるEU=ヨーロッパ連合の経済を立て直すためとして、日本円でおよそ58兆円に上る基金の創設を目指す考えを明らかにしました。
メルケル首相とマクロン大統領は18日、テレビ電話による首脳会談を行い、新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な打撃を受けるEUの経済の立て直しに向けて意見を交わしました。

会談後の記者会見で両首脳は、今回の危機で最も影響を受けた地域や産業を支援するため5000億ユーロ(およそ58兆円)に上る基金の創設を目指す考えを明らかにしました。

マクロン大統領は「基金の創設はEUの予算を補う共通の戦略であり、大きな一歩となる」と述べ、基金はEUの執行機関に当たるヨーロッパ委員会が市場で調達して支援を行うとしています。

またメルケル首相は「ヨーロッパが強くなり、結束して、この危機を乗り越えることが目標だ。並外れた努力が必要となるが、ドイツとフランスは用意ができている」と述べて、ほかの加盟国に支持を訴えました。

EU域内の経済再建を目指した基金の創設は先月の首脳会議でも議論されましたが、具体的な規模などをめぐって意見がまとまっておらず、ドイツとフランスの提案が打開策につながるか注目されます。

EU 各国の一致に期待

ドイツとフランスの提案についてEUのミシェル大統領は18日、ツイッターに「一致点を見いだそうという努力を歓迎する」と投稿しました。

そしてヨーロッパ委員会が最終的に提案を取りまとめるとしたうえで「まとまりしだい、加盟27か国による会議を呼びかける。合意に向けて各国は取り組んでいくだろう」として、今回の提案が打開策となり、各国の意見が一致することに期待を示しました。

ただ、感染拡大が深刻化したイタリアをはじめヨーロッパ南部の国々は今回の提案を大きく上回る規模の基金を求めていて、意見が直ちに一致するかは不透明です。